『梅鉢隊(見城亭兼六園ガイド) 三種の神器!!』

こんにちは。
見城亭クラーラです。

  突然ですが・・・

  “見城亭ガイドの5つの心得”
  ひとつ 兼六園をこよなく愛し
  ひとつ お客様に対する誠意を常に持ち
  ひとつ お客様の前に出る時は常に美しく
  ひとつ 金沢人であることに誇りを持ち
  ひとつ 一期一会を大切に

f0084515_10452853.jpg  そして・・・

  兼六園にガイドに出るための
  “三種の神器”
  ・ 兼六園のガイド証
  ・ 通行手形
  ・ ガイドマイク

  この心得と三種の神器を持ち、梅鉢隊は元気いっぱいにお客様を兼六園にご案内しています。

  実は先日女将さんに怒られました。

  「あんたらっ!これ何や??命の次に大事なガイドマイク、雨に濡れとるがいね!!粗末に扱いすぎや!」

  と。

  怒られるのもそのはず。f0084515_10461879.jpg
私達はお客様をご案内する時に使う大切なガイドマイクを雨ざらしにしていたのです。

  もちろん、外に放置しているわけではなく、雨の日も風の日もそのまま肩にかけガイドに出かけていたのです。

  そして女将さんは怒るだけではなく、ちゃんと対策を考えてくれました。

  それがコレです!!!

  何に見えますか?
おしゃれなバッグに見えませんか?f0084515_10485092.jpg
  実は手ぬぐいの袋(あずま袋)に包まれたガイドマイクの本体です!

  「いいがいね!これ!」女将さん、自分で考えて、自分で大絶賛。
  でも、これでガイドマイクを守ることができます。
  女将さん!ありがとうございます。

  そしてそして・・・
  “梅鉢ガイド”とは。
  兼六園ガイド第1号が誕生した(大昔)         “画像は玲です”
お店の現在のガイド達の総称です。

  “梅鉢ガイド”の名前の由来は。f0084515_1052557.jpg
  兼六園にゆかりの深い前田利家公の家紋が梅鉢紋だということと、兼見御亭グループの紋が隠れ梅鉢だからです。
  梅鉢の花びらの数と同じく、見城亭の梅鉢隊も5人。表舞台でがんばる香・和・玲、そして陰で支える起と里。まさに見城亭グループの隠れ梅鉢の隠れ部分なのです。

  今回はちょっぴりまじめに、そしてちょっぴり長くなってしまいました。
  見城亭の梅鉢ガイド達に会いにいらしてくださいね。

  しつこいようですが、ガーコファミリーもお待ちしております。

  見城亭 クラーラ

注意:女将さんはおしとやかな方です。めったに怒られることはないので怒らせたら大変です。

にほんブログ村 旅行ブログへ 


 ↑ ポチッ と押してもらうと
ちょっとだけランクが上がり、
たくさんの人にみてもらえるようになるので、
ご協力をよろしくお願い申し上げます。

  
  
[PR]
by kaikarou | 2008-09-09 10:55 | 茶屋 見城亭
<< 兼六園トップシーズン いよいよお肌のお手入れの季節・・・ >>