海そうめんは海藻?

食用の海そうめんは本当は 『海ぞうめん』 が和名で海藻です。
海そうめんが実名のものはアメフラシの卵で黄色のひも状です。
f0084515_10301052.jpg

アメフラシの卵には毒性があるので、食用には適していません。
もし、食べてしまっても毒性は弱く、下痢を起こす程度です。

『海ぞうめん』はベニモズク科の紅藻。
f0084515_10315998.jpg
寒天質で粘性があり、食用として利用されます。
量が少なく流通は限られています。
海ぞうめんの‘ぞ’の濁点が入っているおかげで、
なぜか美味しそうに思えない事から濁点が消え、‘そうめん’になったそうです。
チョットまぎらわしいですが能登の『海ぞうめん』を是非召し上がって下さい(^^ゞ

調理場 高

にほんブログ村 旅行ブログへ 


 ↑ ポチッ と押してもらうと
ちょっとだけランクが上がり、
たくさんの人にみてもらえるようになるので、
ご協力をよろしくお願い申し上げます。


[PR]
by kaikarou | 2009-06-25 10:38 | 調理部
<< 辻口博啓氏のお菓子YUKIZU... 情報解禁? >>