眺望台

石川門を背に桂坂から桜ヶ岡を通り抜けると

右手に園の中心部霞ヶ池、券六園のシンボル徽軫燈籠が見えてくる

更に歩みを進めると見晴らしの良い眺望台になっている。

海抜53メートルの処から眺める景色は、

晴天の日には幾重にも重なり合った山々のはるか彼方に白山山系の一つ

医王山、戸室山が望まれ、正面には卯辰山、手前には金沢市街地が見られ、

さらにその向こうに加賀平野 河北潟 内灘砂丘 能登半島 …等

天候によっては、そこに七色の虹が一つそして二つ架かる時もあり

まさに至福のひと時である。

雄大な景観を、ほしいままにする事ができる兼六園の六勝の一つと言われている。

マッチャン

にほんブログ村 旅行ブログへ 


 ↑ ポチッ と押してもらうと
ちょっとだけランクが上がり、
たくさんの人にみてもらえるようになるので、
ご協力をよろしくお願い申し上げます。

[PR]
by kaikarou | 2009-03-22 10:26 | 兼六園
<< 夕刻のひがし茶屋街 続。さっき見つけました! >>