榮螺山からの兼六園

13代藩主 斉奉公が霞が池を掘り広げた時の土を

盛り上げて出来た榮螺山(さざえやま)でございます。f0084515_21554028.jpg


榮螺の殻のように、ぐるぐる回りながら頂上に登ってまいりますと、

三層の塔と屋根が傘の形をした、お亭がみられます。

月の眺めも素晴らしく、一名観月台とも申します。

見下ろした風景もワンダフルです。

兼六園にいらしたら是非、登ってみまっしね。

 
兼見御亭  かたつむり
f0084515_21592722.jpgにほんブログ村 旅行ブログへ 


 ↑ ポチッ と押してもらうと
ちょっとだけランクが上がり、
たくさんの人にみてもらえるようになるので、
ご協力をよろしくお願い申し上げます。

[PR]
by kaikarou | 2009-03-13 13:43 | 兼六園
<< 見城亭 リニューアルしました! さくら小物 >>