ぜんまい

もうすぐ春なので今回は山菜を紹介します。
ぜんまいは、ぜんまい科の多年草で日当たりが良く、しかも多少湿った平地や小高い山地などに生えております。
ぜんまいの名はうずまき状に巻いた葉の若芽が銭の形に似ている事から「銭巻き」と呼ばれ、それが訛って「ぜんまい」になったもの。
葉の長さが約70cm。
食用にするのは若芽で、春に綿毛で覆われて顔を出した、この若芽を摘んで食べます。
あくがきわめて強い為、あく抜きしてから調理をする。
灰汁や重曹などであく抜きをすると良い。
水でさらして煮物やお浸しなどにする。
干した物は煮物や炒め煮天麩羅などにする。
参考になりますでしょうか?是非旬の山菜を楽しんで下さい。

兼見御亭 調理部 のり
[PR]
by kaikarou | 2009-03-09 14:36 | 調理部
<< お花見ぜんざい始めました 女将さん!金箔ソフト食べてる場... >>