カテゴリ:女将発( 58 )

<女将発> 恐怖の再会!!

このblogをお読みになる前に、4月9日のblogの <医学生100名 パワー炸裂!!>
を今一度お読みになって下さいませ。そう、金沢大学医学部バスケットボール部のお話。

ここのところ、撮影や出張等が重なっている上に、連日の昼夜満席と云う状況が続いて
居ります。お花見も重り、朝食・昼食も取れずに夜のお座敷のご挨拶にお伺いする毎日です。

そう、あの日も朝から何も口にする事が出来ないまま夜のお座敷に出ました。

お腹が空いている時に、目に入るお座敷でのお料理は王様のお料理のように見え、
それを前にお座敷を勤めると云うのは、ある意味<我慢大会>のようです。

一般には、お腹が空いている時にお酒を飲むと悪酔いをすると云いますが、あの日も
止せばいいのに、お客様から進められて沢山頂きました。(実の所、私はアルコールが 苦手なのです)ビールに熱燗、冷酒にワイン・・・。 
7つのお座敷で頂く数種類のアルコールと云う飲み物。
かなり辛いけれど、酔うわけにもいかず頑張ってお付き合いをさせて頂きました。

お座敷が引けた時間は、十時半・・・。
いつもそうですが、私の酔いはお客様がお帰りになってから急激に加速するのです。

アルコールで気分が悪くなって、もはや食欲もなくなっていましたが、我社の役員が
何か食べた方がいいと云う為、仕方なく出かける事にしました。
しかし、あの日は洋服に着替える体力もすでに無く、着物のまま会社を出たのです。

どこか近くでいい!! そう云い近くのラーメン屋さんへ・・・。営業終了。

ラーメン屋さんなんて、ここ7年位お邪魔していないのに入れないなんて。
なーんか嫌な感じだわ。

もう一つ森の里にあるラーメン屋さんへ・・・。営業中。よかったぁ!!

この後、事件が起こるなどとは思いもせず車を降りたのです。

お店に入ると、店員さんの「いらっしゃいませ!!」の声。 
元気がいいのねっと思った瞬間です。

「あぁー!!ケンケンオチン!!」 と叫ぶ可愛い声。

この時すでに私の思考回路はSTOPした状態。
その為、何が起こったのか理解できませんでした。

「わぁー!!本当にケンケンオチンやぁ!!」 と叫ぶ低い声。

一体何?何よー?

熱い視線を感じ、目を向けると何と!!そこには、金沢大学医学部 バスケットボール部
の面々が居るではないですか!! あのキュートなマネージャーがニコリ。

嘘っ!!  嘘やろ?  何でー?  何でなん?  ここは何処?  私は誰?

そう思っていると、壁からひょっこり顔をのぞかせる・・・。

出たぁー!!  以前、私が絶賛した少女マンガから抜け出てきたあの美少年
<yamashita キャプテン>でした。
 
彼は、私を見てニコリ・・・。ペコリ。
そして、可愛い副キャプテンのinada君も私を見てニコリ・・・。ペコリ。
「先日もお世話になりました。」 と彼。
これってどう云う事かしらん??? 一気に酔いも醒めました。

女将  「先日もありがとうございました。あんやとっ」 
     その言葉がやっとでした。
    
私の心臓はもはや、ヒートビートと云う感じ・・・。助けてー!!      
引き返したい!!  帰りたい!!  もひとつおまけに、穴があったら入りたい!!

しかし、私の気持ちなどお構いなしに連れの役員は、スタコラさっさとテーブルへと
向かい座ってしまったのです。ラーメンの味? そんなもの全く分かりません。
口から食べたのか、鼻から食べたのか、耳から食べたかも?・・・。そんな感じです。(笑)

7年ぶりに行ったラーメン屋さん、こんな事になろうとは思いもしませんでした。
窓に映る自分の顔を見て、ゾッとしました。かなりひどい顔(疲れた顔)をしている・・・。
こんな顔を見られたのかと思うと泣きたくなりました。

<言い訳の時間を下さい!>と 云いたくなる気持ち、お分かりになりますか?
普段、ラーメン屋さん等には入ることなどありません。
毎日が着物ですので、お食事に 行く場所も考えています。 
親友のN美(またまた登場)が日ごろより私に云います。

「あなたは懐華楼の女将、常に凛としていなければいけない。
普段の生活が容易に想像できるといった存在であってはいけない。
洋服を着てラーメンを食べる等といった姿は、決して人様にはみせてはいけない。」と・・・。
しかし、あの日はそんな忠告も守らずに出かけてしまいました。
そのバチがあたったのです。もう何を考えても後の祭りと云う事。
 
やはり、人様の云う事はきちんと守らなければいけないのですね。
でもでも、「神様のいじわるぅー!!」と叫びたい。 よりによって、金沢大学の医学部
バスケットボール部・・・。あんな素敵な面々の前に私を登場させるなんて!! (怒)

彼らの私に対するイメージは、一体どんな事になってしまったのだろう?
<ラーメン屋さんに現れる、THE おばちゃん>かも・・・。
せめて彼らの前だけでは、素敵な女将で居たかったのに・・・。(涙)

<事件は会議室で起こるのではない!! 現場で起きるのだ!!>

恐怖の再会!!それは、起こってはいけない事件でした。

でも、今思えば・・・。
あの日、私を覚えてくれていた事、笑顔で声をかけてくれた事をとても嬉しく思います。

まっ、いいかっ・・・。
                                         あんやとっ。


追記、<恐怖の再会PART 2>
この事件の数日後、ほとんど足を運ぶ事の無い某薬局のレジでまたまた
    「女将さん!!こんにちわ!!」  との声。
    誰? 嫌な予感・・・。  振り向く。
    ほら出たぁー!! 又出たぁー!! 副キャプテンのinada君がニコリ。ペコリ。
    可愛い・・・。 もしかして赤い糸? イヤ、それどころでは無い。 
    恐怖の再会PART2です。
    神様、勘弁してください。いい子になりますから・・・。そんな感じです。
    杜の里は非常にデンジャラスな街、恐怖の再会PART3が起こることの無い
    ように祈る毎日です。  

人気blogランキング に参加しています
   ↑
今日は何位かな? ワンクリックご協力よろしくお願いします。
[PR]
by kaikarou | 2006-04-16 01:30 | 女将発

<女将発>  撮影中に一気大会!!

先日、懐華楼にて関西テレビの撮影がありました。
この日のゲストは、カイヤさんとセインカミュさんでした。
f0084515_12265987.jpg

初めに、着物にピンマイクをつけて頂きスタンバイしました。
お玄関でお出迎えをした後、二階の大広間へご案内後
そこで、<お茶屋>についてご説明させて頂きました。
この時、すでにカメラは回っていました。 
それから、お座敷遊びの一つの<お座敷太鼓>で一緒にお遊びしました。
ドンドン・ツクツク・ドン。いいーやぁ。ドンドン・ツクツク・ドン。
お二人共、かなりお上手でした。

女将   「お上手ですね。今夜からすぐにお座敷にでれるね?
       名前は、どーしましょ?冷奴(ひややっこ)なんてどーやろ?」

スタッフ一同大爆笑でした。

その次に、<宴遊盃>というものを使ってお遊びをしました。
これは、少しずつ大きさの違う漆の盃を五つ重ねたものの中に、サイコロが入っていると云う
物です。そのサイコロには、松竹梅鶴亀が蒔絵で表され、盃の方にも同じ絵が書かれて

います。サイコロを振り、出た目と同じ絵が書かれている大きさの盃で、相手が一気をする
と云うお遊びです。サイコロの残りの一つの目には、<宇多>の文字が書かれています。

その目が出た場合は、何か芸を披露しなければなりません。
一通りの説明をして、私とカイヤさんとセインさんの三人でお遊びスタート!!
まず、私がサイコロを転がし、その出た盃でセインさんが一気をします。
金沢の地酒の冷酒をなみなみとお注ぎしました。お打ち合わせの時に、

女将       「一気ですが冷酒で大丈夫け? お銚子の中は、水にしときます?」


プロデュサー  「いやぁー。お酒でいきましょう!!」

女将       「ほーやねぇ、せっかくやしねぇ」

           とやんわり。


このお遊びの様子は、テレビの放送を見て頂きたいと想いますが、テレビの撮影と云う

事をすっかり忘れて三人で盛り上がってしまいました。この時、私も変な<金沢の意地>

見たいものが出て、かなり飲んでしまいました。

この<宴遊盃>とは、昔のお花見の際に、何か楽しい事がないかと考えられたお遊びの

一つだそうです。今のお座敷ではあまり見かける事はございませんが、私は、この<宴遊盃>
でのお遊びが大変気に入り、 今夜も私とお客様、どこかのお座敷でこのお遊びをするでしょう。ある意味、対決ですが・・・。

この撮影の様子は、あさって(4月16日 日曜日 午前9時30分より)、
石川テレビ 旅っきり!~ふれあい紀行~にて
放映されます。どうぞご覧になって下さいませ。

旅っきり!~ふれあい紀行~
あるタレントが“気になるアノ人”を誘ってドキドキの1泊2日旅に出かけます。旅する二人がどんな会話をし、どんなふうに仲を深めていくのか!?乞うご期待!
セイン・カミュ 【ナレーション】 U.K. 中島優子(関西テレビアナウンサー)

                                      あんやとっ。

人気blogランキング に参加しています
   ↑
今日は何位かな? ワンクリックご協力よろしくお願いします。
[PR]
by kaikarou | 2006-04-14 12:31 | 女将発

<女将発> 医学生100名様 パワー炸裂!!

先日、兼見御亭にて大宴会が行われました。

今回のお話は、その宴についてお話致します。 (ブログに載せる事については、了承済み)

<五大学対抗戦 交流会様> 

金沢大学、神戸大学、名古屋大学、岐阜大学、滋賀医科大学の五大学の医学生でつくるバスケットボール部の選手。

この日は、試合後の交流会で100名の学生が兼見御亭に集まり、皆スタートから和やかな雰囲気でした。

この日の宴席の予約からお下見間まで、一人でこなしたのは、金沢大学医学部の稲田 悠記君でした。

彼は、前日の夜遅くに、最終のお打ち合わせにお見えになりました。

(遅くまで一生懸命研究をしていたそうです。)

第一印象は、とても礼儀正しい好青年。 しかも、今流行の <イケメン> に <可愛い> 

と云うエッセンスを加えた彼。(笑い) 私がお茶をお出しし

女将      「今日は、わざわざ足を運んで頂いて、有り難うございます。

          明日、宜しくお願い致しますね」    

          とニコリ。

inada君   「ありがとうございます。こちらこそ宜しくお願いいたします」

          とニコリ。ぺこり。 そして、ニコリ。

(可愛い・・・。)と想いつつ、親友のN美とT子の言葉を思い出したのです。

<男の子を見て、可愛いと想うようになったらおばちゃんになった証拠やよ!> 

私もやっぱり、おばちゃんなんだわぁ。 いやだなぁ・・・。そう云う彼女達もおばちゃん。

さて当日を迎えました。ALL学生と云う事で準備段階より、仲居さん達も少しウキウキ。

ALL学生、100名大集合!!  医学生、100名大集合!! いよいよ、スタート・・・。

学生の乾杯は、パワーがあって見ていても気持ちが良かったです。

あの <イケメン> のinada君に宜しくって云われているので、頑張らなくちゃ。

各テーブルにご挨拶に回りました。 なかなか楽しい。とても楽しい。

あるテーブルにお伺いすると、背中に大きく <KOBE> の黄色いロゴ。

神戸大学の医学部の選手のようです。 

女将  「遠いところを有り難うございます。」

     とお辞儀をして顔を上げると・・・。  またまた、イケメン登場!!

     まるで、貴公子のような青年。

貴公子 「お世話になります。」f0084515_21332643.jpg

     ニコリと微笑む。 ふと、彼のジャージの袖を見ると、何と・・・。

     <微笑の貴公子 4> の黄色い文字

     えっ? 目を疑いました。本当に貴公子なんだぁ。

女将  「本物の貴公子なんやぁ!!」f0084515_21334539.jpg

貴公子 「はい!!」

      と微笑む彼。私たちが学生の頃には、存在しなかったはず・・・。

      貴公子なんぞ。

いよいよ最後、幹事のinada君のテーブルへご挨拶に伺いました。

女将    「inada君、今日は沢山の御人数を有り難うございました。お世話お疲れ様です。

        どうぞ、楽しまれて下さいね。」

inada君  「本当によくして頂いて、ありがとうございます。 女将さん、うちの(金沢大学医学部

        バスケットボール部)のキャプテンです。」

        と、お隣の少年?青年?を紹介して下さいました。

キャプテン 「はじめまして。キャプテンの山下です。今日はありがとうございます。」

       ニコリ。 出ました!!  これまた、好青年。 いや、美少年と云った表現がベストでしょう。

女将    「はじめまして。こちらの女将でございます。今日はありがとうございます。」

       このフレーズが精一杯でした。 緊張しました。 

その、<山下 勇樹> と名乗るキャプテンは、まるで少女まんがから抜け出てきたかのようでした。

瞳には、キラキラと星がひかり、絶えず微笑みを浮かべています。 <イケメン> に <美しい> と

云うエッセンスを加えた彼。 もう一つ云うならば、純度の高い美しさを備えた少年? 青年?

右には、可愛いイケメンのinada君。左には、美しいイケメンのキャプテン。

その間に挟まれ、私は不覚にもしばらくの間フリーズしてしまいました。(笑い)

私が学生だった頃の、医学生のイメージ (金沢の冬の空のイメージ) とは180度違う事に驚き、

時代が変わったのだと云う現実を知ることになりました。

私も今の時代の学生になりたいなぁ・・・。 f0084515_2135185.jpg

いよいよ、あちらこちらのテーブルからは、<一気> の掛け声が聞こえてきました。

各大学のキャプテンで競う、泡の出る飲み物(ビール)の早飲み大会。

そう、もちろんあの美少年、yamashitaキャプテン登場しました。迷わず応援しました。地元金沢!!

結果は、ご想像にお任せいたします。 

その後も、各大学の出し物大会などが行われ、ゴリエちゃんも登場し、ここでは語れない(汗)出し物

も沢山あり大変盛りあがりました。 若さを武器に起こる数々のまる秘シーン。

久しぶりに貴重なものを見せて頂きました。 (苦笑い)

<見る人見せる人> 100人の中でうまく成立している関係に少し笑えました。

彼らを見ながら、<この100名が、DOCTORになる・・・。少し不安>

十時過ぎにお座敷も終わり、玄関でお見送りをしているとyamashitaキャプテンと

inada君が接近してきました。なんぞ? と思っていると、

キャプテン   「女将さん、行儀悪くてすみませんでした。 遅くまでありがとうございました」

          とニコリ。 美しい・・・。

女将       「なぁーん。こちらこそ、楽しませて頂いてあんやとっ」

          とペコリ。
     
inada君     「本当にありがとうございました」

          と二コリ。 可愛い・・・。

彼らは、素敵と云う言葉に甘えることなく、自分の立場に自信と誇りをもっているのです。

だから、最後まで私たち店のスタッフにも気を遣うことを忘れませんでした。

私は、そんな彼らを心から応援したいと想います。

そして、小さくなる後ろ姿にそっと <素敵なDOCTORになってね!> とささやいたのです。

100名の学生より、パワーを頂きこれからのお花見シーズンを乗り切れそうです。

                                         あんやとっ。

追記、金沢大学に可愛い二人の少女がいました。 <キュート>と云う言葉がぴったり。

    可愛い人は、ジャージを着ていても可愛いのですね。

    そんな発見もしてみました。

人気blogランキング に参加しています
   ↑
今日は何位かな? ワンクリックご協力よろしくお願いします。
[PR]
by kaikarou | 2006-04-09 07:36 | 女将発

<女将発> 女将の髪の謎!

先日、頭の謎についてお話致しましたが、その後、度々お客様より 

「どちらの美容院ですか?」とお尋ねがありましたので、

今日は、私の愛する:髪結いさん:(美容室)についてお話致します。

私の:髪結いさん:は、懐華楼のある東山(ひがし茶屋街)の広みに在る、S美容室さんです。

ひがし茶屋街にお見えになった事のある方なら、必ず目にすると言ってもよい位の

あの <コールドパーマ> と書かれたレトロな看板のあがっている美容室です。

そこが、私の愛する:髪結いさん:(美容室)です。

髪結いをする時間、それは約20分。シャンプーを入れると約一時間。

私にとって、そこは唯一 <無> になれる空間なのです。

 と云いつつも、スケジューリングをしたり、資料チェックをしたりetc。

結局、仕事モードになっているのですが・・・。

ここの髪結いさんのお客様は、ひがしの芸妓さんをメインに、邦楽をなさっている方々が圧倒的に多いのです。

大きな邦楽の発表会が行われると云う事であれば、前日から多くのお客様で賑わいます。

女先生と男先生 (女先生のご子息) のお2人の絶妙なコンビネーションは、素晴らしい!!

私がこの :髪結いさん: をこよなく愛すのは2つの理由が有ります。

まず1つ目、何と云っても技術が素晴らしい事です。

よくカリスマ美容師と云う言葉を耳に致しますが、

そんな言葉では、言い尽くせない技なのです。

私の頭を見て頂ければお分かりになりますが、これを約20分で創り上げるのです。 

その技には、今でも感心する事しきりです。

そして2つ目、両先生共に口数が少ないのです。(喜び!)  

(注!!  決して無愛想と云う事ではありません。)

もう、8年近くお世話になって居ますが、先生方と世間話をしたと云う記憶はほとんどございません。

;髪結いさん:を唯一 <無> になる空間としている私には、これほど嬉しい事はない訳で、

先生方も私の心の内を察して下さっているのでしょう。

毎朝、私を優しい笑顔で迎え入れて下さり、私を懐華楼の女将へと創り上げるのです。

仕上がり大きな鏡の中に映る自分を見て、本格的仕事モードにスイッチオン!!

私の1日のスタート・・・。それは、 :髪結いさん:(S美容室) です。

S 先生がいらっしゃらなければ、私は女将にはなれないのです。

                                 本当にあんやとっ


追記、:髪結いさん: とは、もともと今で云う美容師さんの事を云います。

    その昔は (皆、日本髪を結っている頃)、お客様の自宅に出向き髪を結ったそうです。

    今では、お客様が髪結いさんの居る、美容室へ行くと云うかたちになっていますが、

    昔の名残で、その髪結いさんの居る美容室の事を、:髪結いさん:と呼ぶそうです。

    by-okami

人気blogランキング に参加しています
   ↑
今日は何位かな? ワンクリックご協力よろしくお願いします。
[PR]
by kaikarou | 2006-03-29 19:09 | 女将発

<女将発> 懐華樓に秘密兵器導入!

今月上旬、懐華楼に秘密兵器を二機導入致しました。

一号機は、懐華楼の蔵(SHOP)へ設置。   羽咋で製造された  <チョコマカ M号>

二号機は、懐華楼の喫茶へ設置。       金沢で製造された  <チョコマカ K号>

この二機共に、性能は最高級ランク。 やはり日本製は、素晴らしいと感心してしまいました。

導入するにあたり、社長と私とで何度も議論を重ね、その議論がVSになる事もありました。

そして、二週間の試運転がSTARTしました。

まず、一号機の説明書。  簡単に・・・。

感性が非常に豊かであり、物を売ると云う事に命を賭ける事が出来る。

対人及び対物(商品)に、常に優しい心で接する事が出来る。

そして、二号機の説明書。   簡単に・・・。

感性よりも感受性が非常に豊かであり、常に備え付けの大きなアンテナ(耳)を二本駆使出来る。

人をこよなく愛し、特に年齢層の高いお客様への対応は抜群である。

二機共に、試運転ながら大変な働きをする。しかも、細かい所まで目が届き、手も届く。

とても愛嬌があり、(常にBIG SMILE) しかも、お頭がすこぶる良いのです。

金沢弁で云うと・・・。

「で・き・ま・さ・る!!」   そして、「り・く・つ・な・ぁ!!」  そんな感じです。

ところが、試運転も終わると云う最終日、事件が起こったのです。

二号機 <チョコマカ K号> からの電話。

二号  「もしもし、女将さぁーん。 二号です。お疲れ様です。 やらかしました。 (笑い)!!」

女将  「何ぃー?」

二号  「あのぅー。戦闘服(着物)、燃やしてしまいました!!」

女将  「・・・。」  

     (何ですとぉー?)

二号  「休憩中ストーブにあたってたら、燃えてました!!」 

     (燃えてました!!って・・・。)

女将  「あらぁー、ほんなら燃えたところ切って、明日からミニ着物にして働くまっし。」

      とやんわり・・・。

二号  「・・・。 わっ、わっ、分かりました。」

<事件は、会議室で起こるのではない!!  現場で起こるのだ!!>

切られた電話を握り締め、(試運転最終日。 今なら間に合うかもしれん。 メーカーに引き取ってもらえんかなぁ?)

と考えてしまいました。

しかし、二週間と云う短い間に、私は、すっかりこの秘密兵器二機に愛着(笑い)が湧いてしまっていたのです。

しかも、この二機共に既存の <博士 F 号> との愛称も抜群な為、そのまま設置することにしました。

あれから、一週間・・・。

<チョコマカ K号>には、新しい戦闘服を与え、頑張ってい・た・だ・い・ています。

そして、導入してから気付いた事があります。 

この二機共に、定期的にガソリン(食べ物)が必要だと云う事です。

<チョコマカ M号> は、特に消費が早く、すぐにお知らせアラーム(おなか、グー)が鳴ります。

ガソリンが少なくなると、パワーダウンをしてしまいます。

その為、このガソリンの補給は、社長が担当して折に触れ、美味しい物を差し入れしています。

もう一つは、洗浄が必要だと云う事です。今日、作動中に

二機が声を揃えて、言いました。 「女将さん、○○湯 (ひがしにあります) に連れてって!!」

こればかりは、社長に頼む訳にもいかず・・・。

どうやら、洗浄担当は私のようです。 

そんなこんなで、毎日、楽しく働いています。

皆さんも、この私の秘密兵器を是非、見にいらして下さいませ。
                
そういえば、製造年月日は定かではございませんが、昭和の四十年代だそうです。

残念ながら、平成ではございませんでした。

新しいものより、レトロなものはどうしても維持費がかかりそう・・・(汗)

まっ、いいかぁ。
                                 あんやとっ。

by-okami

人気blogランキング に参加しています
   ↑
今日は何位かな? ワンクリックご協力よろしくお願いします。
[PR]
by kaikarou | 2006-03-26 11:54 | 女将発

<女将発> おやっさんと私の9人の子供達

忘れもしない、平成12年5月のある日の事です。

デスクに居ると、内線電話が・・・。

社長 「おーっ、女将、ちょっと社長室に下りて来てくれんかなぁ?」

女将 「ハイ、只今!」

社長に呼ばれると、消防署の隊員のように駆けつけるのです。

階段を駆け下りながら、ついつい 「雷落とされるような事したかなぁ?」と考えてしまいます。

情けなや・・・。

トントン、「失礼致します。」

ドアを開けると、そこには、社長と一人の紳士(笑い)の姿

しかしその紳士、お世辞にもイケメンとは言えない風貌なのです。

もう一つ云うなら、かなり怖い。本当に怖い・・・。

分かりやすく云うと、<○○の妻たち> と云う類の映画に出ている俳優のような紳士!?

あの日も、仕立ての良いダブルのスーツを着こなし、

胸元にはダイヤが一粒キラリ。ダイヤってどうなん?

そして、磨き上げられた靴。 とてもお洒落。ただ者ではない・・・。女の感が働きました。

社長 「こちらが、12日から来て頂く事になった総料理長の鬼Kさんです。」

鬼K 「初めまして、これより先お世話になります鬼Kです。何卒、宜しくお願い申し上げます。」

     と深ぶかとお辞儀をな・さ・る。

女将 「こちらの女将でございます。よろ・よろ・宜しくお願い致します。」 怖い・・・。

しかし、その風貌とは全く違い、鬼Kはとても礼儀正しく話しも上手で、とてもお頭がキレル。

私はほんの僅かの時間で、鬼Kワールドへと引き込まれてしまいました。

そして、女の感が再び・・・。

この鬼K、私と合うかもしれん。ここで(兼見御亭)で骨を埋めてもらおう。

と勝手に決めたのです。

さて、入り込み12日の朝、調理場の様子を見に行くと、

寸分の狂いも無く 「おはようございます!!」と大合唱。

凄い、恐るべし鬼K軍団・・・。鬼Kと9人の板前。f0084515_9465827.jpg

調理場を代表して、つよ酢(現33歳) 「この度、おやっさんと一緒にお世話になります、つよ酢です。」 

その後、皆の自己紹介がありました。

女将  「宜しくお願いします。皆さん、頑張ってね。 ところで、おやっさんって?」

つよ酢 「親父の事ですわ。」

女将  「親父がおやっさん?」 何故か笑える・・・。

つよ酢 「うちらは、板長をおやっさんって云うんですわ。ほんで、本人がおらん所で

      クソ親父!!って云うんですわ。例えば、うちら同士で(クソ親父何処行った?)とか・・・。」

女将  「はーん、分かりやすい説明やね。クソって・・・。板長が親父なら女将はおふくろかぁ?おっ母さんかぁ?」

つよ酢 「まぁ・・・。」 そうきたか・・・と云うような顔。

こうやって私は、ある日突然、大切な板前9人のおっ母さんとなったのです。

そしてその日から、この鬼Kを筆頭に私と9人の子供達に沢山のドラマが生まれる事となったのです。

・・・続く
                                           あんやとっ。
                                              
by-okami
                                               
<注>  鬼Kとは、我がグループを代表する偉大な総料理長の事です。

       この呼び名は、私の大切な9人の子供達が付けたものです。

       決して私が独断で決めたものではございません。


人気blogランキングに参加しています
   ↑
今日は何位かな? ワンクリックご協力よろしくお願いします。
[PR]
by kaikarou | 2006-03-23 09:47 | 女将発

<女将発> 頭の謎は女の謎

私は365日とは云いませんが、

35?日は毎朝”髪結いさん”(美容室)へ行きます。

月曜日もです。その為、私の”髪結いさん”は年中無休なのです。

私が県外に出張に出ている以外は・・・

(県外に出た時は、宿泊先のホテルの美容室にお願いしてます。)

そしてお座敷に出ると、皆私の頭にとても興味を示し質問責めに・・・

その中で、代表的なものを2つf0084515_16504718.jpg

① その頭は地毛ですか?

② 中に何か入っているんですか?

これについてお答えします。

私の髪は肩下20cm程の長さです。その髪を結い上げていく訳ですが、

フロントとサイドには毛糸の束のような(毛たぼ)を入れ、

少し膨らみを持たせます。

それ以外は逆毛を立てて膨らみを出しています。

こんな面白い質問をされるお客様もいらっしゃいました

お客様 「女将さん、頭の中に通帳と印鑑がはいっとるやろ?」 

女将  「ほーや、よー知っとるじー」 と天使の微笑みで返します。

お客様 「本当は何入っとるげんろー?謎や!!謎や!!」 

と私の頭をジーーッと見つめています。

女将 「女って謎の多い生きものやって言うがいね」

私の頭の謎、少しは解けましたか?

あんやとっ

by okami

人気blogランキングに参加しています。
ワンクリックご協力よろしくお願いします。
[PR]
by kaikarou | 2006-03-19 17:03 | 女将発

<女将発> 大物女優ご来店 兼見御亭は大パニック!

昨日、兼見御亭に大物女優Kさまがご来店になりました。

土曜日のお昼ということもあり、店内は約1000名の観光客で賑わっている中

黒塗りのセンチュリーが玄関に横付けされ、お客様の視線がいっきに集中

そこでKさまが颯爽と降り立つと、そのオーラに館内大パニック。

そのとき一人のおじさま(すこ~しお酒も入ってたようで)が

これ以上ない大声で「女優のKさまだー!!」

これにはさすがの私もおめめパチクリ、くちアングリ・・

なんとか平静を装いお部屋までご案内

さすが大物女優は違います、

お部屋に入るとすぐにお軸やお花をチェック、何を言われるのかハラハラ

でも「お心遣いが素晴らしいですね」とお褒めの言葉をいただき安堵いたしました。

その安堵も束の間、玄関での騒ぎを聞きつけたお客様の大群が

「Kさまはどこだぁ~」と部屋の前まで押し寄せ、またまた大パニック

Kさまは「大丈夫かしら」と不安げ・・

そこで私が「ご安心くださりませ、私がお守り申し上げます」と言うと

「さすが金沢、おまつの方みたいですね」とKさまのマネージャー。

場も和み楽しいご昼食となりました。あんやとっ

by okami
人気blogランキングに参加しています
[PR]
by kaikarou | 2006-03-12 15:16 | 女将発