カテゴリ:女将発( 58 )

【中華電視公司】美鳳有約の撮影 陳美鳳(チャン メイフェン)さんと共演

【中華電視公司】美鳳有約の撮影があり、陳美鳳(チャン メイフェン)さんと共演させて頂きました。

とても楽しく撮影させて頂くことが出来ました。写真からスタジオの雰囲気伝わりますでしょうか。

最後に陳さんからプレゼントまで頂きましたよ。女将が戻りましたら、もう少し詳しく報告をさせて頂く予定です。

そして、最後に今回、花嫁になった友人のCherryからのビックサプライズ!!

なんと【Lady Baba】ミニ版です‼ すごいでしょ。

何度も断られたそうですが、どうしてもとお願いし、つくって頂いたそうです。

顔はもちろん、着物も帯も髪型も赤いBagまで…とてもそっくりに出来上がっていて驚きました。

「Lady Babaの喜ぶ顔が見たかったから…」と彼女…。愛を感じます。

今回も台湾との親善大使を無事つとめあげることが出来ましたのも、皆様のお陰です。

たくさんの方にお世話になり、本当に有り難うございました。

陳美鳳さん https://www.facebook.com/immeifen

f0084515_1384440.jpg

f0084515_1393220.jpg
f0084515_1391562.jpg

[PR]
by kaikarou | 2013-10-24 13:09 | 女将発

陳美鳳(チャン メイフェン)さんTV撮影

先日懐華樓で台湾のTV番組の撮影がありました。

台湾の人気の女優 陳美鳳(チャン メイフェン)さんが懐華樓を訪れ、黄金ぜんざいを食べるグルメ番組です。

小松空港に着いた時から、日本に来ていた台湾のツアーの団体さんに見つかり、ものすごいことになったそうですが、ひがし茶屋街でも陳美鳳(チャン メイフェン)さんの後を追う行列が出来ていました。

陳美鳳(チャン メイフェン)さんのFB(https://www.facebook.com/immeifen)にも懐華樓の写真が載っていました。

陳美鳳(チャン メイフェン)さんのFB「いいね!」159,176人もいらっしゃって、懐華樓の写真にも8,688人が「いいね!」してくれてました。

これは未確定情報ですが、当日陳美鳳(チャン メイフェン)さんから女将に台湾でのスタジオ出演のオファーがありました。只今関係各位と調整中です。

f0084515_10194182.jpg

[PR]
by kaikarou | 2013-10-07 10:20 | 女将発

金沢プレミアムツアー「一期一会」

「金沢一期一会」行き先は名所ではなく、名匠です。

金沢のプレミアムツアーがJR大人の休日倶楽部の企画で実現された。

そのキャンペーンイベントが先週JR池袋と椿山荘で行われ、懐華樓女将も芸妓さんや金沢市長さんと一緒に行かせて頂きました。

①友禅作家工房と非公開の加賀友禅を訪ねる旅
②大樋焼本家十代長左衛門のお茶の世界にふれる旅
10月と11月の旅行商品です。

どちらのコースも懐華樓をご見学、女将によるお茶屋文化の説明をお聞きいただくことができます。

当日のイベントでは懐華樓のオリジナル手ぬぐい(ひがしの芸妓さんの名前が入っています)にご本人のサインをしたものをプレゼントさせて頂きました。
f0084515_15452833.jpg
f0084515_1545106.jpg
f0084515_15445428.jpg

[PR]
by kaikarou | 2013-09-30 15:47 | 女将発

<女将発> 出張




長いこって。

今日は、<出張>のお話。


今年に入って、もう何回金沢を離れた事だろう?

昨年は、国内、海外を合わせて約30回。

一昨年も、トータル約30回。 その内、海外に7回。(笑)


前回の出張は、なかなか辛かった。

金沢=小松=東京=上海=東京=小松=金沢、一日置いて金沢=大阪=大阪=金沢

しかも、この上海が大変だった。

旅行会社を訪問し、ディスカッションに懇親会と時間で動く。

そして、今、話題の<上海万博>。

私が行った日は、オープンしてから一番多くの入場数。 その数、なんと・・・。

33万5000人。  本当かいね!!って感じ。

ざっと紹介。

入場までに1時間半。 九時の開門に私達は8時から並ばされた。(汗)

予約券を持っていても、中国館は2時間半の列。

どうしても、開催国は見ておきたかった。見れた。がんばった 。(笑)

一か所見た時点で、お昼。どこの飲食店も長蛇の列。吉野家やマクドナルド、ケンタッキ

ーetc。

全てのテナントが、まるで本日開店!!みたいな事になっている。昼食断念。


次、サウジアラビ館は、150億円の費用をかけたという豪華な造り。

エスコートの方が、ここだけは見たらいい!!と言ったが、私には、どうしても見たい

別の理由があった。私の知り合いが昔、サウジアラビアに住んでいて、今でも会

うたびにその時の話を聞かせてくれる。とても、興味深い国の一つだ。

だから、私の中では万博に行くと決まった時から、そこだけは行こうと決めていた。

しかし、ここも長蛇の列。3時間待ち。 やはり見学断念。


次、列のないパビリオンへ・・・。

そう、北朝鮮館。

入ると、壁面に写真が飾ってあるだけ。

その中で一か所、列が・・・。

そこには、北朝鮮の代表が写る記念切手が売られていた。

なんだか分からないけど、とりあえず買った。(笑)

次、日本館へ行くが、ここ又長蛇の列。日本って人気があるんや・・・。と

思うが、そんな呑気な感じではない。係りのお兄さんに聞くと、4時間待ちとの事。

ここも、エスコートの方に薦められた。

しかし、私にはどうしても見たい別の理由があった。(笑)

日本館で、日本のイメージ映像が流れていて、それに私がつかわれている。

だから、どうしても自分で見たかった。

覚悟を決めて並んだ。炎天下の中、まるで満員電車に乗っているようなギュウギュウ押し

くら饅頭状態をご想像頂きたい。

四方八方中国語が飛び交い、なんだかどんどん心細くなってきた。

その内、炎天下でめまいがしてフラフラ、座り込んでしまった。

周りの方々に助けて頂き、タクシーでホテルへ・・・。

体調を崩したまま、東京へ戻り仕事。

金沢へ戻ると、わずか一日で大阪。苦手な移動が続く。

大阪での仕事を終えて、金沢に戻るとすーっと張りつめていたものが解けていった。

やっぱり、金沢がいい・・・。

毎回、出張に出るたびにそう思い、改めて自分の住まいするこの土地を好きになれる。

今月は、あと東京出張に二回。神戸出張に一回。京都も・・・・。

私にとって出張は、自分の住む土地を振り返り好きになるそんな機会でもある。


この土地に恋してる。

「また君に恋してる」・・・。

そう、あなたに恋してる・・・。


                               華幸
[PR]
by kaikarou | 2010-06-04 14:38 | 女将発

<女将発> 6月1日




長いこって。

今日は、<6月1日>のお話。

今日は、6月1日。そう、衣替えの日です。

着物の衣替えは、太陽暦の10月1日~5月31日が袷。

6月1日~30日が単衣。7月1日~8月31日が薄物。

9月1日~30日が単衣とされています。


今日は、ちょっこし真面目に・・・。(笑)

もともと、平安時代の宮中行事<更衣>から始まった習慣で、

鎌倉時代になると、更衣は衣服だけではなく、調度品までとり替える事となりました。

江戸時代になると、着物の種類が増え幕府は公式に年4回の衣替えの出仕を制度化し、

この当時、武家の制服での話でしたが、一般庶民もこれに従ったそうです。

明治時代になり、政府は洋服を役人・軍人・警察官の制服に定め、夏服と冬服の衣替えの

時期も制定し、やがてこれが学生服にもおよび、さらに一般企業にも定着し、官庁・企業・

学校が6月1日と10月1日に衣替えを行うようになったそうです。


そんなこんなで、今日から私の着物も<単衣>となりました。リンリン!!

小物も夏物になります。なんとなく涼しげ・・・。

昨日までの袷の着物とは、10月までさようなら。



そして、6月1日と云う日は、懐華樓にとってもう一つの大切な日。

それは、<建具替え>の日でもあります。

お茶屋は、女の所帯ですから、男手がありません。

大掛かりな<建具替え>も、全て女手だけでしなければなりません。

スタッフのKは、この<建具替え>の達人です。(笑)

懐華樓の施設関係の達人でもあります。

どこのふすまの後に、どの夏建具が入るか全て頭の中で把握しています。

てきぱきと、指示をしここ何年も<建具替え>の日には、絶対に公休を入れない!

と云う責任感で毎年、この日を楽しみにして居ります。
f0084515_15365117.jpg

f0084515_15371027.jpg

f0084515_15372747.jpg


暑さの厳しい金沢では、<建具替え>の習慣があります。

障子やふすまを取り払い、夏建具にとり替えます。

衣替えと同じ6月1日にするのが、本来の風習です。

懐華樓では坪庭を設けることで風通しをよくし、さらに打ち水をする事によって温度差を

つくり風を起こします。簾戸越しに見ると、庭の緑はよけいに涼しげに見えるのは何故?

まるで、魔法にかかったような・・・。  チチンプイプイ!

こんな「夏のしつらえ」、私は好きだなぁ・・・。

着物も建具も花器も涼しげ・・・。

これが、夕暮れに見ると何だかとてもいい雰囲気。

活ける花も、儚げだったり艶っぽかったりでとても素敵。


今日は、<衣替え>。<建具替え>。

ん?、 私の心も替えなければいけないのかなぁ?


   あんやとっ。                  
                         華幸 
[PR]
by kaikarou | 2010-06-01 14:40 | 女将発

<女将発>  1998年5月9日




長いこって。

今日は、<1998年5月9日>のお話。


1998年の5月9日、今日と同じく綺麗なお天気だった。

この日、私は金沢に嫁いで来た。

嫁ぐ事が決まってから、あれよあれよと私達の知らないうちに事が進み当日を迎えた。

朝4時に起き、自宅でお支度。

支度中も近所の方々が、「お支度拝見・・・。」とお祝いに来て下さり、実家は足の踏み場

もないほどの人・人・ひと。地元ではあたりまえの事。

支度が終わり、神棚にご挨拶。両親に挨拶。

玄関に出て、来て頂いた皆様に深く一礼・・・・。何だか、凄く厳粛な儀式。


馬場家に到着。玄関で<お水合わせ>。母親が支度してくれた<加賀友禅の花嫁のれん>

をくぐり大座敷に入る。次はお仏壇にお参り。しかし、私はお仏壇の前で凍りついた。

そう、実家は神道なのでお仏壇が無く、お参りした事も無くどうしていいのか分からない

のだ・・・。

「どうぞ・・お参りを・・・」と云われたが、チンプンカンプン。

この厳粛な中、私はどうしたらいいのだろう?・・・

よしっ、あほな嫁と思われてもしかたがない。(笑)  潔さ発揮!!

「すみません、お参りの仕方が分からないのですが・・・。」と私。

一同、大爆笑!!  

仲人さんが、「そうですね。あなたは神様の子ですからね・・・。」と、笑いをとりレクチャーして

下さる。

厳粛なムードは一気に吹き飛び、私の両親は顔をひきつらせて苦笑い。

今でも、両親、弟には恥ずかしい思いをさせて悪かったなと思う。

兼見御亭に移り神棚へのお参り。チョチョイのチョイ。(笑)


それから、ホテルに移動。黒塗りのベンツが何台も連なりロータリーに着く。

まるで、・・・・・の到着だ。ホテルのスタッフが、大勢お出迎え。厳戒体制。(笑)

周りのお客様は、見てはいけないようなものを見るような感じで居たらしい。(後日談)

「なんやら、・・・の結婚式に勘違いされとったみたいやったぞ!!」と云われた。(後日

談)

披露宴は、知事、副知事をはじめ日本全国からお客様がお見えになるから、金沢らしさで

おもてなしをと云う事で、金沢三茶屋街の芸妓さん全員に来て頂きとても華やかな宴とな

りました。当日の事は、ほとんど記憶にありませんが、4時間の披露宴。

大勢のお客様、長時間の披露宴、ホテルにとっては大変な一日だっただろうと思う。

ある担当者が帰りに「今日は、本当に大きな勉強をさせて頂きました」と・・・。

今、行われている金沢のホテルの披露宴に、<花嫁のれん>をくぐり入場すると云うアイデアを出したのは、

私の母でした。



あれから、12年・・・・。

何も分からない私は、本当に沢山の方々に支えて頂きました。

スタッフはもちろん、業界の関係者の方々、業者さん、土地の皆さん・・・。

心から感謝の気持ちでいっぱいです。ありがたいこって。


この業界、特に花街と云う独特の世界に入る事をとても心配をしていた両親も今は、一番

の応援団だ。実家に帰る事もほとんどなく、たまに帰っても母は「会社の皆さんが、頑張

って下さっているのだから・・・、お客様が来て下さるのだから・・・早く会社に戻りなさい」と云う。

本当は、一緒にゆっくりとしたいんだろうな・・・。(涙)

そう云う私も、会社が気になりすぐに帰ってきてしまう。どうも性分だ。


嫁いで何一つの親孝行をしていないが、健康で楽しく仕事をしている私の姿が一番の親孝

行なのかもしれない。

いつまでたっても、娘は娘。

いつまでたっても、母は母。


十億の人に 十億の母あれど 
わが母に まさる母 あらめやも 

今日は母の日。 久しぶりに顔でも見に行こうか・・・。
                              
あんやとっ。

                                             華幸
[PR]
by kaikarou | 2010-05-09 14:56 | 女将発

<女将発> 魔の携帯電話



長いこって。

今日は、<携帯電話> についてのお話。


先日のお座敷で、携帯電話の話になった。

皆、口々に本当に便利になったと言う。全員が全員だ。

私もそう想う。

お客様A  「昔はなぁ黒電話でジーコジーコって、一家に一台やってんぞ!」

お客様B  「ほや、一台やさけ娘の長電話によ~怒ったわ!」

女将    「私も、父によ~怒られたわ」 (笑)


昔、学生の頃、夜になるとボーイフレンド(どうやら今は,死語らしい・・涙。)

から電話がかかってきた。とても懐かしい・・・。

父は私をとても溺愛していた(笑)為、その電話をとても嫌がっていた。

その事は、私も分かっていたので電話がなると、自分でとるようにしていた。

ある日の夕食時、リ~ン、リ~ンと電話がなった。

受話器を取ろうと思った瞬間、父の手が伸びた。

受話器を取った。

父  「はい もしもし!」

BF  「ゆきこさん、居ますか?」

父   「もう、寝ました。」(怒)

ガチャッ。

えっ、まだ7時なんに・・・・。

女将  「ちょと!! なんでそんな事するが?」

父   「毎晩、毎晩かけてきて、どう云うつもりや?」

女将  「・・・。」


ある日の夕食後、リ~ン、リ~ンと電話がなった。

又、父の手が伸びた。

父   「はい、もしもし!」

BF  「ゆきこさん、いますか?」

父   「もう、家には居ませんけど・・・」 (怒)

ガチャッ。

女将  「ちょとぉ!! なんて事言うが?」

父   「毎晩、毎晩、非常識な!! 何時やと思っとるんかな?」

女将  「・・・。まだ、8時過ぎやし・・・。」 (涙)

毎回がこんな感じだった。本当に懐かしい。

今でも仲間が集まると「お前の父さん、頑固怖かったなぁ」と笑い話のネタになる父だ。

本当はとても優しい父なのに・・・。


今では、そんな自宅の電話を使う事も少なくなった。

あの父でさえ、携帯電話を持っている。メールも出来るようになった。

私は、どちらかと云うと携帯電話には、あまり固執しないほうだ。

よく持ち歩かずに、連絡が取れな!いと秘書の狩谷に叱られる。

どこかに出かける時は、必ず

「携帯もちましたか?お財布持ちましたか?手帳持ちましたか?」

とまるで母親のように確認してくる。私、子供じゃないし・・・・。(涙)

しかし、この携帯電話一つでいろいろと動きながらビジネスができるようになった事は

本当にすごい。金沢を離れても、海外に出ても電話やメールで簡単に要件が伝わる

ようなった。こんな時代が来るなんて・・・。

今の子供は、ダイヤル式の固定電話を知らないし、家の固定電話をディスプレイだと

思っていると云う。そうだよなぁ・・・。

生まれた時から親は、携帯で画像を撮り皆に「生まれたよ」と送信をし、

その「おめでとう!!」も、これ又、携帯にメールで返信だ。


ただ、この携帯電話、ただものじゃない!

便利なものには、魔物が住んでいる。(笑)

私の友人のYは、ご主人の様子がおかしいと云いだした。浮気を疑っている。

ある日の夜、ご主人がお風呂に入った隙を見てこっそり携帯電話のメールを覗いた。

そこには・・・・。きゃぁ~!

「今夜のフォアグラ美味しかったです。いつもありがとう。今、バイバイしたのにもう会

いたいね。etc」

とその後の文面は、ここでは紹介できない<アツいlove mail>が・・・。

怒った彼女は、そのまま彼の携帯電話を電子レンジに入れチン!した。

私も初めて知ったが、携帯電話は電子レンジで加熱すると形状はそのままだが、

中のデーターが全部ぶっ飛ぶらしい。それを聞いて、私がぶっ飛んだ!(大爆笑)

綺麗な顔して女って怖いよ!!  


あるお客様は、綺麗な?可愛い?彼女に送るべき<アツいlove mail>を、

奥様に誤送信。しかも、午前2時。

「私は、○○(彼女の名前)ではありませんよ! 送り先間違っています!!」と瞬時に

奥様からの怒りの鉄拳。いや、返信・・・。

彼は、深酒の酔いもぶっ飛んだ。 それを聞いて、私もぶっ飛んだ!(大爆笑)

その誤送信を聞いた彼の綺麗な?可愛い?彼女も青ざめ凍りついたらしい。

その様子が、氷の彫刻のように綺麗だったとか・・・。何を言ってんだか。

それって、笑えないよなぁ。その後の、ご夫婦の事は皆様のご想像にお任せします。(笑)


そんな、こんなで、便利な携帯電話ですが、一つ間違えるととんでも無い魔物になる

なります。そこのあなた!お気をつけあそばせ。

忍ぶ恋をしているあなた!あなたの事ですよ!(笑)

やはり恋の物語は、直接会って顔を見て言葉で伝えましょう!



                              華幸


追伸・ 「奥さんっ!! ご主人の携帯なんて勝手に見ちゃダメですよ」
     BY  みの もんた(笑)
[PR]
by kaikarou | 2010-03-23 19:30 | 女将発

<女将発>    精神力と緊張感




長いこって。

今日は、<精神力と緊張感>についてのお話。

私にとって、とても困る事が一つある。

咳が出る事だ。

ここ十日くらい咳が止まらない。

最初に病院で出して頂いた薬はほとんど効き目がなかった。

ますますひどい咳。

まわりは、「肺炎じゃない?」とか「何か悪い病気じゃないか?」と

云うもんだから、何だか怖くなった。

「そうやねぇ、美人薄命ていうしねぇ・・・・。」

と言ったら皆に、とても笑われた。というか、あきれられた。

そうだ!! 美人薄命なら今頃、とっくに<素敵な天国>で豪遊しているはずだ・・・。(笑)


二度目に行った時、レントゲン検査を受けたが大丈夫。

気管支炎と診断された。

ドクター 「これより強い薬はないから、これ飲んだら治ります」

女将   「あんやとっ」 ゴホッ! ゴホッ!

ドクター 「ただ、強いから手が震えたりする事がありますから・・・」

女将   「手が震えようが、足が震えようがとにかく止めて欲しい」

ゴホッ! ごほっ!  ゴホッ!  ごほっ!!


薬は飲むがそんなにすぐに止まるものではない。本当に手が震える。


こんな時に限って、大切な会議が立て続けに入っている。

社内の会議ならまだしも、まんまと東京出張とドンピシャリ!!

しかも、東京での会議はALL ENGLISHの会議。

通訳なし。翻訳機なし。

午後1時から6時まで、海外の某有名なお方の講演。

途中のグループディスカッションも全て英語。

8名テーブルが10以上の、約100名。 席に案内されたが私のテーブルは一番前。

講師のすぐ前。本当にこんな時に限ってだ・・・。(涙)

咳なんかしようもんなら・・・と思えば思うほど、激しい咳が出る。

メンバーが心配してくれるが、それどころではない。

皆が、のど飴をくれたおかげで、ちょっとしたお菓子屋さんが開ける。(笑)

皆の同情をもらいながらも、とうとう始まった。

しかし、奇跡は起きた。

講師の方が、会場に入ってきた瞬間、胸がすーっと楽になった。

今まで、激しく咳込んでいたのが嘘のようにピタリと止まった。

ほっとした・・・。しかし、油断は禁物。

途中の休憩で、

隣の方 「いやぁ~、女将さんの精神力と云うか、集中力って本当にすごいですね。ピタ

リと咳とまりましたもんね。」

女将  「褒めてもろて、あんやとっ。これって金沢の女の底力やし・・・。」  

と言った瞬間に激しい咳。 ゴホッ! ごほっ!! ゴホッ!

調子に乗った罰だ。  皆、大爆笑。


第二部がスタートしたら、又、咳がピタリと止まった。

これは、やはり彼の云うように精神力なのか? 集中力なのか?

彼女の講演を聴き逃すまいと必死になっていた事と、全てが英語であると云う極度の

緊張感がそうさせたのであろう。

自分でも本当に驚いた。その後の懇親会では、気が抜けたのか息苦しくなるくらい咳が

でた。(笑)

ドクターの薬よりも効くのは、極度の緊張感なんだ・・・。

メンタルなモノってすごい威力がある事をしったある一日でした。


これから、県外の某ロータリーのお客様に<金沢の文化と花街>についての

お話をさせて頂く事になっている。気を引き締めて行こう。

私の話をとても楽しみにして頂いているとの事。

「神様、どうかお咳が止まりますように・・・。」

行ってきます。

                             華幸



<追伸>  そうそう、あと一つ<強烈な咳>がピタリ止まる方法があります。

どうしてもお知りになりたいお方には、個人的にお教えします。(笑)

                                  
[PR]
by kaikarou | 2010-03-22 13:44 | 女将発

<女将発>  自分で守るべきもの



長いこって。

今日は、「自分で守るべきもの」についてのお話。

先日、年に一度の健康診断を受けました。

毎年の事だが、この大きな頭で身長を測る際、皆が大爆笑する。

「今年も頭、でっかくてごめ~ん」(笑)

これは毎回の私のネタになっている。

今年の係りのお兄さんは、「どうします?測ります?でも、何か悪いし自己申告にしましょ

うか?」なんて、云いながら笑っている。


先日、検査の結果が届いたが、どこも何ともない。

ひとつだけ、云うたら体重重いくらいや・・。でもこれは、病気じゃない。

ほんでいい・・。

私は日頃から、自分はサイボーグだと云い聞かせている。(笑)無敵。

体、しんどいなと思ったら負けやし。どんどん、悪なる。(悪くなる)

日頃から、スタッフには

「自分で体調管理の出来んもんは、仕事の管理もできんよ!。

辛ても(辛くても)、私、どうもしてあげれんげんよ!」(どうもしてあげられないわよ)

と言っている。

厳しいようだが、本当にそう思う。 自分の健康は、本人しか分からない。


お客様でも「最近具合が悪くてなぁ・・・。」と言われる方がある。

女将  「病院行ったん?」

お客様 「行ってない。」

女将  「なんで行かんが?」

お客様  「寝たら治る」

だいたいが、こんな会話だ。

お客様でも会社のトップに立つ方に圧倒的に多い。この会話。

<病院に行かない病>  頑固に行かない・・・。


先日、知り合いの体調が見事に崩れた。この方も企業のトップだ。

友人の美人?ドクター純代に相談した。

女将  「知り合いが体調崩して検査受けさせたいがに、絶対に受けん!!

どうしたらいいん?心配ねん(涙)」

ドクター純代  「頑固やしトップに立てるんやよ!それが魅力や・・・。

偉い男は頑固や!!あははははっ」

あははははって・・・・。

そんなのんきな・・・・。本当にあんたドクターかいね?今度から<毒太>って呼ぶよ!!

こっちは、脳梗塞の予兆じゃないかと心底心配しとるがに〈怒〉

結果的には、彼女から的確なアドバイスをもらい事なきをえた。

本当に助かった。あんやとっ。


でも結局、自分の体調は自分で守るしかない。

辛ければ、自分で休養をとる。病院に行く。それしかないよね・・・。

辛いと云いながら、連日の接待。深夜まで酒の席。 企業戦士って大変だ。

このブログを見ているあなた・・・・。

自分の健康は、あなただけのものではありません。

働くあなたの健康は、所属する企業のものでもありますよ。

そして、あなたの愛する人のものでもありますよ。

健康でなければ、仕事も恋愛も中途半端になりますよ。(笑)

<健康>は、自分で守るべきもの・・・。


毎日、健康に感謝できる自分でありたいです。
                 
  あんやとっ。

                               華幸
[PR]
by kaikarou | 2010-03-05 14:25 | 女将発

<女将発>  やっぱり金沢・・・。



長いこって。

今日は、「やっぱり金沢・・・・。」についてのお話。



先月末より、金沢=大阪=金沢=東京=韓国=東京=金沢と移動続きでした。

やっと金沢に戻ってきました。ただいまっ!!

遊びじゃないです。全部仕事!!


乗り物が苦手な私は、車も電車も大嫌い。まして、飛行機なんぞ・・・。

えっ? 前職、航空会社やったでしょ? はい、そうです。(苦笑)


毎回、移動の事を考えるだけで、気持ちは乗り物酔い状態です。

最近は、酔い止めの薬もNG。



まず、大阪行きのサンダーバード。

乗った瞬間、トイレに直行。ご想像におまかせしますね。(涙)

話す気力も無いが、一旦乗り物酔いをすると、眠りには入れない。

何度かトイレと座席を行ったり来たり。


東京行きの飛行機。

小松空港に向かう時点で、憂鬱・・・。

一緒になった知人もかなりの<飛行機恐怖症>だ。

男なんに・・・。(笑)  いや、性別は関係ないか。


赤坂から成田へのリムジンバスで、すでに憂鬱モード全開。


成田から韓国。つらいが仕事上は笑顔を忘れない。


韓国から成田の便。移動が続き、本当に体力が・・・・。


成田に到着。都内までの移動が恐怖・・・。


羽田から小松。もう、ダメだ・・・。


小松から金沢。迎えの車にも乗りたくない。


しかし、早く帰りたい。もう、体が乗り物を拒絶しているようだ。


今、一番何欲しい?時間?絶対に効く酔い止め?

ううん、「どこでもドア!」   小さい頃、本で見たやつ。

ドラえもんの「どこでもドア」は、ドアを開くとすぐそこは目的地と云うすぐれもの。

乗り物に乗らなくても、ドア TO ドア。体の負担もなく、時間も短縮。

忘れ物しても、すぐに戻れる。あんないいもん、あったらいいわぁ。


私は、移動は苦手だが仕事でいろんな土地に行かなくてはならない。

行くのは嫌いではない。

いろんな所をまわって、いろんな人と会い、いろんなホテルに泊まり・・・。

沢山の優しさにふれる。どの土地もそこの良さがある。

けれども、いつも想うのは、「やっぱり金沢がいい・・・」と云う事だ。

海外に出ると日本がいいし、県外に出ると金沢がいいし・・・。

なんでやろ? やっぱり、金沢が好きなんや。

ただそれだけ・・・。

住む場所があって、働く場所がある。

そして、沢山の仲間が居て・・・。

逢いたい人にもすぐに逢える・・・。

やっぱり金沢がいい・・・。

 
  あんやとっ。  
                            華幸
[PR]
by kaikarou | 2010-02-12 12:42 | 女将発