兼六園の「鶴・亀」

「えっ!兼六園の鶴亀って?
もしかしてあの、鶴は千年、亀は万年の鶴と亀が兼六園に住みついとるが???
見たこと無いけど・・・・・」

「まあ、生きた鶴と亀はいないけど」

「あっゴメン、亀はけっこう大きいの霞が池の土手にたまに見るねェー」

「フーン、ほんな兼六園の鶴亀ってなんなん、教えてや・・・」

私の友人との会話の一部です。
ここで言う鶴亀って、実は鶴は松、亀は島、それもこの場所からしかそのように見えません。
f0084515_125336.jpg

昔より日本庭園を造るときは縁起を非常に大切にしたといわれ、
兼六園の鶴亀も中国の古事より
「大海を悠々と泳ぐ亀と、両羽を広げ羽ばたく鶴」をイメージして作庭されたといわれてます。

兼六園は由緒正しい「鶴亀の庭」なんです。
さあーそれは兼六園のどのあたりでしょう。
どこから見ると鶴亀が見られるんでしょう。

興味のある方、「なるほど・・・」と納得したい方、発見してみてね。
お忙しい方のために余り綺麗に取れなかった写真を1枚。

                                by香椿

にほんブログ村 旅行ブログへ 


 ↑ ポチッ と押してもらうと
ちょっとだけランクが上がり、
たくさんの人にみてもらえるようになるので、
ご協力をよろしくお願い申し上げます。
[PR]
by kaikarou | 2008-05-25 12:06 | 兼六園
<< テレビ撮影(ドライブ A GO... 金箔ソフト >>