「松の内」その2 -金沢ひがし茶屋街 懐華樓 お茶屋体験-

f0084515_1025285.jpg 松の内のお座敷まであと一月ほどとなりました。
この間の芸妓衆は本当に艶やかで美しい装いです。

 黒紋付のおひきずり姿に稲穂のかんざし。
松の内の短い期間でしか見れない、年に一度の素敵な装いです。

 芸妓さんが挿している稲穂のかんざしから三粒稲をもらい、それを紙に包んでお財布の中に入れておくと、その年は豊作(金運アップ)になる、といわれています。

 これはもう、是非是非頂戴しなければ!

 年に一度の松の内でしか手に入れることが出来ません。
是非、芸妓さんから頂戴してみてくださいませ。

  懐華樓 マヤミ


にほんブログ村 旅行ブログへ 


 ↑ ポチッと押して協力お願いします。
[PR]
by kaikarou | 2007-12-05 10:10 | 懐華樓
<< 庭師待ち 「松の内」その1 -金沢ひがし... >>