<女将発> K君のもみじ饅頭

お久しぶりです。

先日、一通のメールが届きました。
「女将さん。暑い中お疲れ様です。
土曜日にお土産を持って伺いたいのですが、ご都合いかがでしょうか?」
私の大切なファン倶楽部?医学部学生K君からでした.
もちろんオッケーだわっ。

土曜日を楽しみにしながら迎えました。約束の時間を楽しみに待ちました。
約束の時間。それは、2時・・・。どきどき、わくわく。

スタッフ  「女将、お客様がお見えです。お二階にご案内しました。」

女将    「あんやとっ。」

と事務所を出ると、スタッフ達がニヤニヤと笑っています。

女将    「なんやぁー? どーしたんや?」

スタッフ  「いやぁー、かなりイケメンなんで・・・。」

女将    「ほーやろ? 」

二階に上がると、彼は椅子から立ち上がり丁寧にお辞儀をしました。

女将    「お久しぶりやねー。お元気やったけ?」

K君    「ハイ、ご無沙汰です。実家に戻っていましたので、これ少しですが・・・」
 
と、大きな箱包みを差し出してくれました。

女将    「K君、広島やったね? もしかしてもみじ饅頭?」

K君    「女将さん、以前、もみじ饅頭が食べたいと・・・」

女将    「えーっ。覚えとってくれたんや。嬉しいわぁ」

と手は、大きな箱を撫でていました。(笑)
私は、もみじ饅頭はもちろん嬉しかったのですが、
以前、何気なく話した事を覚えていてくれた事に感動してしまったのです。

2月に医師国家試験があり、来月からは毎週のように試験が始まるのです。
そんな忙しい中、私みたいな<THE おばちゃん>の為にわざわざ故郷でお土産を・・・・。
嬉しいではないですか?お土産を買う時、選ぶ時と云うのは贈る相手の事を考えますよね?
彼も<もみじ饅頭>を見て私を思い出してくれたんですよね?そう思うととても嬉しい・・・。    
あっと云う間にイケメンK君とのおデートを終え、彼を玄関まで見送りました。
 
K君、頑張って!! いいDrになってね・・・。あんやとっ。と頭を下げる私でした。

照りつく太陽もこの時ばかりは、何だか嬉しく感じました。

デスクに戻り<もみじ饅頭>をパクパク。
f0084515_10444572.jpgお座敷が始まる前に<もみじ饅頭>をパクパク。
お座敷が終わり夜中に<もみじ饅頭>をパクパク。
計3個。 うぅーん。ヘビー級突入・・・。(苦笑)

でも、今日は嬉しいからいいの!!と自分に言いながら、<もみじ饅頭>4個目に手が・・・。
さすがに止めました。

夏は、そうめんよりもイケメン! 
そんな事を思いながら<もみじ饅頭>4個目、やっぱり食べてしまいました。
女将、断食せねば・・。


                                           あんやとっ。



人気blogランキング に参加しています
   ↑
今日は何位かな?
皆様のクリックのおかげで昨日は21位、もっとたくさんの方に見て頂きたいから
はげましのワンクリック ご協力よろしくお願いします。
[PR]
by kaikarou | 2006-08-14 09:49 | 女将発
<< お盆の駐車場 水まき >>