春の褒章 見内から14名! 榎本桂次もいただきました!


 こんにちは。広報部teaです。

 先月発表された、春の黄綬褒章。

 石川県内からは14名が授章受章し、そのうちの1名に榎本桂次も選ばれました。

 榎本桂次と言えば・・・

 兼見御亭グループの総料理長であり、県の調理技能士会会長等々様々な要職に就かせていただいております。

 自分だけではなく、自分の後を継いでくれる後進の指導・育成に情熱を傾けつつ、自分の前を行く人生の諸先輩方への心を込めたボランティア活動にも力をいれております。

 その努力と功績が今回黄綬褒章という形で榎本に新しい力を与えてくださいました。

 「自分だけの力でいただいた褒章ではないんや。これも全部みんながおってくれてのことや。ありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願い致します。」

 と榎本は言います。

 見た目は怖いし、声も大きいのでぱっと見敬遠されがちですが・・・

 誰よりも腰が低く、誰よりも新しい事を吸収しようとします。

 「わからんこと(知らないこと)を聞いてなにが悪いんや?知らんことは知らなあかんやろ。教えて~な。」

 と、どんどん質問します。

 そしてどんどん吸収し、それを後進につなげます。

 この繰り返しでここまできました。





 皆様からいただいた黄綬褒章。

 榎本桂次の名でいただきはしましたが、これはわたしだけの黄綬褒章ではございません。

 心から感謝致します。

 ありがとうございます。

 新しい力を頂いたからにはまた皆様に恩返しが出来るよう、更に精進してまいります。

 今後ともどうぞ榎本桂次をよろしくお願い致します。

                                              榎本桂次


f0084515_16573671.jpg

f0084515_1658147.jpg


 新聞にもたくさん取り上げていただきありがとうございました。

                                              広報部 tea
[PR]
by kaikarou | 2014-05-11 16:58 | 広報部
<< 黄ニラ 一寸豆 >>