蔦 唐丸先生

先日、懐華樓の2階の群青の間の芸妓さんの襖絵を描いてくださった
蔦 健三先生がお越しくださいました。

f0084515_12534563.jpg
蔦先生は水墨画に転向されたそうで、それを機に
「蔦 唐丸 (つた からまる)」という名前に変えられたそうでうす。
つたがからまるという縁起をかついでいるとおっしゃっていました。

蔦先生は蓄音機のプロでもあります。
懐華樓の壊れていた蓄音機をメンテナンスしていってくださいました。
久しぶりにとても懐かしい音色がサロンに響きわたりました。

蔦先生は本当に気さくな温厚な方です。
まやみさんも「いい人だ~」と感激していましたよ!

またちょくちょくお越しくださいね!
お待ちしております。

懐華樓 きー坊

にほんブログ村 旅行ブログへ 


 ↑ ポチッ と押してもらうと
ちょっとだけランクが上がり、
たくさんの人にみてもらえるようになるので、
ご協力をよろしくお願い申し上げます。

[PR]
by kaikarou | 2009-07-12 12:56 | 懐華樓
<< ゴールデンサマー 人騒がせなハト。 >>